【宍道湖】十六禿〜イングリッシュガーデン裏〜【シーバスポイント紹介】

アクセス

※宍道湖では月火木金の午前中にしじみ漁が行われるため、漁師さんの邪魔には絶対にならないよう、その時間帯は釣りは控えるようにしましょう。

宍道湖北岸のイングリッシュガーデン付近、十六禿(じゅうろくはげ)と呼ばれるスポットです。

ここはベイトが溜まりやすい地形になっているためかシーバスが接岸している可能性が高く、また広範囲にランガンが可能なためシーズンによってはかなり狙い目となるポイントとなります。

松江方面からの場合は431号線を西に向かい、うなぎの大はかやおよびクリーニングの白洗舎の次の交差点を左折することでアクセス可能です。

駐車スペース

交差点を左折後に道なりに進み、坂を下ると脇道に駐車可能スペースがあります。

ここは停め方によっては先に停めた車が出せなくなる可能性があるため、先行者がいる場合はトラブルにならないよう無理な駐車は控えるよう注意しましょう。

ポイント詳細

駐車スペース横の土手を降りたところにはゴロタ場が広がっており、一帯で釣りが可能です。

なおルアーが届く範囲はどこも水深が浅めのため、重いルアーだとすぐにボトムを取ってしまう恐れがあります。

画像のように、消波ブロックで防波堤が作られています。

ここには歩いて渡ることができるため沖に向かってキャストが可能な良スポットですが、足場が悪く危険ですので渡る際はくれぐれも注意して事故の無いように気をつけましょう。

反対側には長いゴロタの足場が伸びており、イングリッシュガーデンの裏側付近まで続いています。

この足場を付け根から先端までランガンすることで幅広く探ることができるため非常におすすめですが、つまづきやすく危険なため、特にナイトゲームでは注意して渡るようにしましょう。

画像ではわかりにくいですが、先端の正面に見えるのがイングリッシュガーデンとなります。

足場の先端付近は特に浅くなっており、ベイトが溜まりやすいのかシーバスが入ってくる頻度も高いようです。

おすすめ/実績ルアー

全体的に浅めで藻が絡むフィールドのため、管理人的には表層〜中層を引いてこれるルアーが使いやすくおすすめです。

コアマン PB-13

ウェイト的にもちょうどよく、ブレード付きで広範囲にアピール可能なPB-13が使いやすくおすすめです。

季節にもよりますが、コースによってはボトムを擦って藻の塊になることもあるため、ボトムすれすれを引いてくることが出来ると釣果に繋がるかと思います。

コアマン BC-16

おなじくコアマンからBC-16バックチャターもおすすめです。

管理人は下側のダブルフックは付けず上側のダブルフックのみで使用していますが、ほとんどエビることが無く根がかり回収率も高いため、使っていてストレスの無いルアーです。

なお、キャスト後は竿を立てて表層をスローに引いてくるだけで良いので初心者にも扱いやすいルアーではないでしょうか。

NO BiTER
¥1,540 (2024/02/24 16:23時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す