【大橋川】手貝水門周辺〜だんだん道路北岸~【シーバスポイント紹介】

※令和4年現在、工事のため当ページの情報が実際の状況と異なっています。

アクセス

大橋川から分岐する朝酌川にかかる水門であり、市内からは県道260号線を通り松江女子校の手前で右折し、だんだん道路をくぐって少し進むと見えてきます。

この手貝大橋からだんだん道路下の周辺一帯がポイントとなります。

ポイント詳細

このポイントは朝酌川方面、剣先川方面の両方を狙うことができ、足場も良いため広範囲を探ることが可能です。

特に水門が開いているタイミングではシーバスも上ってくることが多く、水門周辺はかなりおすすめのポイントと言えるでしょう。

しかし季節によっては草が生い茂って立ち入ることが難しくなる場合もあるため、無理な藪漕ぎはせず安全に楽しみましょう。

なお、場所によってはやや浅いところもありますが、基本的にはウェーディングではなく陸っぱりでランガンしていくスタイルが良いと思います。

手貝大橋北岸

手貝大橋を歩いて戻ると、朝酌川の北側からエントリーできます。

手貝大橋南岸

手貝大橋を渡り切った場所から右手の小道に入ると朝酌川の南側からもエントリーでき、この場所からは手貝大橋下の橋脚を狙ったストラクチャー撃ちも可能です。

流れがある時はボイルが起こることも珍しくはないですが、橋の上を行く通行人や車に注意し、安全にキャストをするよう心がけましょう。

剣先川合流~だんだん道路周辺

地図で言うと、剣先川から朝酌川に合流している辺り一帯は広範囲にエントリー可能です。

船が泊まっている近くではキャストしないように心がけましょう。

土手を歩いて、だんだん道路の真下までやってきました。

車の駐車スペースからこの辺りまでランガンして歩くことができ、特にこの橋脚周りも狙っておきたいポイントと言えます。

橋脚まではルアーによっては十分届く距離ですが、薄暗い時間帯やナイトゲームではキャスト後にルアーを見失いやすいため、無理に橋脚を狙ってのルアー破損や、ルアーを回収不可能な場所に残すようなことが無いよう気をつけましょう。

なお夜は明かりはほぼ無く真っ暗になるため、足元にも注意が必要です。

駐車スペース

手貝大橋を渡り切ったところに駐車スペースがあり、綺麗に停めれば3〜4台程度は駐車可能と思われます。

こちらはもう少し道なりに進んだだんだん大橋寄りのところですが、ここにも駐車が可能そうなスペースがあります。

しかしここは川沿いに続く道の入り口にもなっているため、駐車の際は地元住民の迷惑にならないよう気をつけるようにしましょう。

おすすめ/実績ルアー

比較的どんなルアーでも使用可能なため、季節のベイトに合わせて色々試してみるのが良いと思いますが、沈みの早いバイブレーションなどはすぐ底を擦ってしまうため、使う場合は早巻きすることを推奨します。

シマノ サイレントアサシン129F

管理人は、ナイトゲームにてサイレントアサシン129Fスロー巻きで釣果に恵まれたことがあります。

エバーグリーン シードライブ

ただ巻きでS字に泳ぎ、トゥイッチすることで左右へダートするようなアクションを起こすジョイント系ルアーです。

ウェイトが28gと通常のシーバスロッドでも問題なくキャスト可能のためシーズンによっては非常に強力ですが、他のジョイント系ルアーと同様さほど飛距離は出ないためその点だけ注意が必要です。