【大橋川】だんだん道路南岸【シーバスポイント紹介】

アクセス

だんだん道路南岸の土手一帯がポイントで、多くのアングラーが集まる有名スポットとなっています。

ルートとしては、松江駅方面から松江中央郵便局→ゲームセンターのアミパラ→パチンコ屋のツインタワーと道なりに進んでいき、だんだん道路の真下に差し掛かったところ(ローソンを過ぎたところ)の信号を左折。

その後はひたすらまっすぐ進むと到着です。

駐車スペース

土手に出る前のフェンス沿いに駐車スペースがありますが、それほど広くはありません。

縦列駐車で3〜4台程度でしょうか。

ポイント詳細

このエリアは東西に伸びる広大な土手全域がポイントとなり、特定の場所に絞ることが難しくなっています。

だんだん道路の橋脚付近や、画像にある緑色のブイ周辺は流れによってヨレができるため狙い目にはなりますが、経験上、あまりこだわらずにランガンを繰り返すことが好釣果に繋がる可能性が高いと思われます。

また、ランカーサイズが狙えるポイントでもあるため、ハイシーズンになると多くのビッグベイター達が大型ルアーを投げる姿を見かける一級ポイントとなっています。

大橋川沿いの土手には車で侵入することも可能ですが、上記の通り私有地となっているため、入り込んで川沿いに駐車することは推奨されません。

この周辺は畑が多く頻繁に農家の方々が出入りしているため、くれぐれもトラブルにならないよう注意しましょう。

だんだん道路から見て下流側の光景です。

この辺りは手前にゴロタが沈んでおりウェーディングには向かないため、土手の上からキャストすることになります。

沖の方はかなり深くなっているため、バイブレーションやシンペンのほか、ロングビルミノーのように深く潜るルアーを使用することも可能です。

しかし手前は底が見えるほど浅いため、ある程度のところで竿を立てて回収しないと底を擦る恐れがあるため注意が必要です。

だんだん道路の真下からもキャスト可能ですが、テンプラ気味にキャストしてしまうとぶつける可能性があるため、ここから投げる場合は安全のためにサイドキャストが無難です。

なお、この辺りは下の足場に降りることができ、水深も浅いためウェーディングも可能です。

暗くなると橋脚の両側に小さなライトが灯り、わずかに明暗ができるため狙い目となりますが、橋脚は近いようで案外遠いため、水に浸かることで距離を詰めれるのは大きなアドバンテージとなります。

しかし、この辺りはとにかくエイが多いため、最新の注意を払ってくれぐれも刺されないように気を付けましょう。

だんだん道路より上流側も長く土手が続いており、一帯で釣りが可能となっています。

なお、こちら側の通路も私有地となっているため、車での乗り入れは控えるようにしましょう。

おすすめ/実績ルアー

このポイントは水深もあるため使用するルアーを選ばないのが特徴です。

ダイワ セットアッパー125S-DR

管理人のお気に入りルアーはダントツでセットアッパー125SDRです。

季節にもよりますがとてもよく釣れるため、ボックスに必ず1つは忍ばせています。

コアマン VJ-22

川幅が広く水深もあるエリアのため、飛距離が出せるVJ-22もおすすめです。

橋脚の向こう側まで飛ばすことが出来るのでとても広範囲に探ることが可能です。

メガバス メガドッグ

ビッグベイトシーズンにはやはりメガドッグが強いようです。